• ピックアップ
    地球に恋して(エヌ・ケイ・ケイ株式会社)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    国内有数の工業炉メーカー(株式会社広築)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    地元の文化と共に歩む(有限会社マルブン)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    老舗の看板は似合わない挑戦型企業です(株式会社寳角ギヤー)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    キンキサイン株式会社
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    全ての建造物を支える大黒柱(株式会社林田組)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    次なる100年に向けて…。(株式会社梶原鉄工所)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    フジコーは何でも真剣にやる人を応援する会社です。(フジコー株式会社)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    未来への価値を創造する(マキウラ鋼業株式会社)
    2018年12月26日
  • ピックアップ
    お客様の満足のその先へ…(仲田電機株式会社)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    三事業部の力で総合都市創造 (平錦建設株式会社)
    2019年06月07日
  • ピックアップ
    観賞魚フード国内No1(キョーリンフード工業株式会社)
    2019年06月07日

企業紹介

蔦機械金属株式会社

ごあいさつ


当社は創業以来、お客様とのパートナーシップを第一に考え、業務に邁進してまいりました。それが当社の今日の礎になっていると確信しております。
現在TSUTAを取り巻く環境は"グローバル化" "技術の高度化" "ITを使った効率化"など急ピッチで押し寄せてきています。
これからもTSUTAはお客様に満足して頂ける企業を目指し、"ダイカスト" "金型" "機械加工"を三本柱とし、技術の向上、効率化ができる 企業風土、人材育成に努めてまいります。

社是

誠意 責任 協業

経営理念

蔦機械金属株式会社は
常に新しい技術、新しい製品、信頼される品質を通じ、社会に奉仕する。

蔦機械金属株式会社は
常に従業員と共にありその幸福と会社の発展の一致を図る。

蔦機械金属株式会社は
常に時代の流れをつかみ、堅実にしかも意欲的に進む。

品質方針

常に会社を前進させ、社会変化の中で繁栄する。

そのために社員もこの気持ちを共有してもらう。
(社員選定の基準・教育の仕組み)

会社を前進する仕組みを作る。
(方針管理、目標設定とフォローの仕組み)

環境方針<要約>

[基本理念]
蔦機械金属は、地球・地域・職場の環境保全と社会への貢献を全従業員の参加により目指します。

[基本方針]
1.環境側面に関連する適用可能な法令、条例、当社が同意したその他の要求事項を遵守して環境保全活動を推進する。
2.環境保全意識を高め、環境改善と維持に取り組む。
3.下記項目に対し目的目標を設定、コスト削減に取り組み、達成状況を監視する。
①省エネの推進
②補助材料消費量の削減
③廃棄物の削減、リサイクルの推進
4.大気汚染、水質汚濁、騒音及び振動等の要因となる設備や物質を適正に管理すると共に定常時だけでなく緊急時でも排出させない措置を講じ、環境汚染の防止を図る。
5.環境方針は全従業員に対し周知する。 また全員がこれを理解し実践できるよう教育・啓発活動を推進する。 社外に対しても本文書を持って公表する。

沿革

大正11年 姫路市光源寺前町に蔦工作所を設立。
各種紡績、化学機械の製造を行う。
昭和14年 社名を株式会社蔦機械工作所に変更。
造船機器・航空機機器の製造開始。
昭和18年 川崎重工業(株)へ航空機用発動機部品の製造納入開始。
昭和22年 三菱電機(株)姫路製作所へ電装品部品の製造納入開始。
昭和24年 社名を蔦機械金属株式会社に変更。
昭和32年 荒川工場完成、ダイカスト鋳造による電装品部品の製造開始。
昭和39年 本社工場を姫路市土山に移転。
昭和43年 ダイカスト工場新設、電装部品の製造開始。
昭和54年 機械加工工場拡張。
昭和55年 井関農機(株)取引開始。
昭和58年 第二期ダイカスト工場新設。
昭和61年 第二期機械工場新設。
昭和62年 材質分析用スペクトル分析器導入。
三菱電機(株)三田製作所 取引開始
平成2年 第三期ダイカスト工場増設。
アルミ合金鋳物工場新設。
平成4年 製品自動ラック倉庫新設。
金型自動ラック倉庫新設。
非破壊検査用X線透視装置導入。
平成6年 自動車用スロットルボディ部品の製造開始。
平成7年 (株)ミノル製作所内に金型製作工場新設稼働。
平成8年 製造管理用CIMシステムの導入。
平成9年 姫路市白浜町に白浜事業部新工場設立稼働。
ガソリン筒内噴射式エンジン(GDI)部品の製造開始。
川崎重工業(株)建機事業部向け製造開始。
スクイズ鋳造機導入。
平成12年 姫路市白浜町に白浜第2工場 設立稼働。
ISO9001認証取得。
平成14年 ISO14001認証取得。
平成16年 飾東工場 設立稼働。
平成23年 ツタ(タイランド)株式会社 設立稼働。
平成28年 (株)ミノル製作所へ 金型設計部門を統合。
平成29年 飾東工場 分社 独立。
TPM優秀賞 カテゴリーA 受賞。

企業情報

会社名 蔦機械金属株式会社
所在地 〒670-0996 兵庫県姫路市土山1-4-8
TEL TEL.079-297-3111
FAX FAX.079-293-0834
HP http://www.tsuta.co.jp

▶ピックアップ記事はこちら

設立 大正11年4月1日
資本金 9,900万円
代表者名 蔦昌樹
従業員数 238名

 

おすすめの記事